「ごいた」とは

奥能登伝承娯楽「ごいた」と金沢限定カード「ごいた」の説明

 

ごいたは将棋の駒に似た駒を使う、漁師町である奥能登の宇出津(うしつ)で発明、そして興じられている遊びです。

シンプルで奥が深く、1ゲーム15分ほどで決着がつき、「もう1ゲーム!」と思わず言ってしまう楽しさがあります。

この「ごいた」の特徴はなんといっても2人対2人のチーム戦です。

本来は真竹を使った駒が奥能登の宇出津では主流ですが、このたび『能登ごいた保存会』と自主制作ボードゲームの製作販売で活躍されている『タガミゲームズ』の田上雄一様にご協力頂いた金沢限定カード「ごいた」を再販させていただきます。

簡単にルールを説明しますと

使う駒は王・飛・角が各2枚、金・銀・馬・香が各4枚、歩(し)が10枚の計32枚を使います。

それを8枚ずつ駒を配り、手駒にして親から「しりとり」方式で駒を出し、一回に2枚使うので4回手駒を出すことができれば「上がり」です。

 

イベント当日は金沢限定カード「ごいた」と攻略本の販売と「ごいた」体験をさせて頂く予定です。お楽しみに!

(参考文献 「ごいた入門」  発行 伝承娯楽「能登ごいた」保存会)